お盆に、決まりを破ってしまった 投稿者:妖怪おやじむすめ

小学生高学年の頃の話。
私は子どもの頃、お盆が大好きだった。

毎年お盆になると、千葉の母方の実家に親戚一同集まった。
母方の祖父は裕福で、土地も広く、大きな家に住んでいた。
母は兄弟が多く、6人兄姉の末っ子で、兄が2人、姉が3人だ。それぞれが結婚していて子どももいる。だから親戚一同が集まると、それはもう賑やかだった。

当日、お昼頃に車で実家に到着すると、畳敷きの大きな和室に、沢山のご馳走が準備されていた。
叔母さん達がテキパキと料理を準備し、叔父さん達が語り合っている。
両親にうながされ挨拶すると「おお、また大きくなったねぇ!」と喜ばれた。

ただ、大人達と挨拶したり世間話をするのは退屈で苦手だった。これは私だけでなく、他の親戚の子達も同じであった。
私は隙を見て和室を抜け出すと、台所でせわしなく動く叔母さん達を尻目に、隣にある居間の襖の前に立つ。
中からは子ども達の楽しげな声が聞こえてくる。

私を含め親戚の子ども達は、酔った大人達にしつこくされるのが嫌だったので、居間に避難してくるのだ。
私が襖を開けると、年の近い子から幼稚園くらいの子まで、テレビを見たり、ソファーに寝そべって携帯ゲームをしたり、持ってきたオモチャを見せ合ったり、女の子達はなぞなぞや怖い話や占いの本を読み合って遊んでいた。

居間の奥には仏壇と盆提灯、たくさんの菊の花。壁の高いところには、会った事も無いご先祖様達の白黒写真が、立派な額に入れて飾られている。私は色とりどりに幻想的な光を放ってくるくると回る盆提灯が大好きだった。
私は親戚の子ども達の中では最年長だったが、やはりこちらのほうが居心地がよかったし、みんなと遊ぶのが楽しかった。
仏壇にお線香をあげ、りんを叩き、私はすぐに子ども達の輪の中に入った。
皆とゲームをしていると、ほどなく宴会の準備が整ったと、叔母さんが呼びに来る。
ぞろぞろと和室に移動して、ご馳走が並ぶ長いテーブルの下手側に、子ども達は固まって座る。
上手に座る一族の長、おじいちゃんが乾杯の音頭を取って、宴会が始まる。
お刺身、ローストビーフ、天ぷら、煮物、海鮮焼き、漬け物、ちらし寿司にジュース。大人達はお酒。
私たちはご馳走をお腹いっぱい食べると居間に移動し、また隠れんぼやなぞなぞや怪談などを楽しんだ。

そして夕方になり、日が落ちてくると、いよいよお墓参りの時間だ。
宴会のご馳走や親戚の子達と遊ぶのも楽しみだが、私はこのお墓参りが大好きだった。
子ども達は、色とりどりの提灯を渡される。これにまだ火は点けず、大人達の後について、実家からそれほど離れていない墓地へ向かい、梨畑に囲まれた坂道をぞろぞろと歩く。
昼と夜の中間の時間。オレンジや紫やピンクの混じった、なんとも不思議な色の空の下を、私たちは影絵のようになって、なぜだか声を潜めてヒソヒソ囁きあいながら歩いた。
墓地につくと、大人達がご先祖様の墓石を水で洗い、花を供えて、みんなで順番に線香を供える。
そして墓地から帰るとき、子ども達は提灯のロウソクに火を灯してもらうのだ。
先ほどよりも日が落ちた薄闇の中に、提灯に描かれた蝶や花などの綺麗な模様が明るく浮かび上がり、その絵から透かして見えるロウソクの炎が子ども達の瞳に映ってキラキラと輝いていた。
子ども達はこれから火のついた提灯を、先ほどの居間の仏壇まで持って帰るのである。
今思うと、ご先祖様の霊をお墓から仏壇に連れて行くような意味だったのかも知れないが、その当時は単に肝試しのような感覚だった。

この時、決まりがあった。
家に着くまで、決して振り返ってはいけない、というものだった。
何故かは知らなかった。子ども達の間では、振り返ったら呪われるとか、お化けが見えるとか、なんとも子どもらしい怪談が作り上げられていた。
大人達もキツく警告するような空気ではなく、何となくそう教えられてるからなるべくそうしなさい、程度の温度感だった。何故振り返ってはいけないかなど、理由を説明することもなかった。
私たちは大事な宝物を運ぶように慎重に、そして任された使命をやりとげてやろうという、どこか誇らしげな気持ちで提灯を掲げて帰路についた。
道の左右に並ぶ梨の木々が作る真っ黒な影の中、提灯の明かりで浮かび上がるみんなの顔が可笑しくて、クスクス笑い合う。
私は列の最後尾にいてみんなの背中を眺めていたのだが、何度かこの行事を行ってきた慣れからか、はたまた和やかな雰囲気に当てられ緊張が緩んだのか、その年は、ほんのちょっとしたいたずら心が湧き上がってきた。
私は、誰にも気付かれぬよう、こっそりと墓地の方を振り返ってみた。

……

そこには、別段変わったものは何も無かった。
ただ、最後尾からのみんなの背中が並んでいる道路の光景が、誰もいない道路の光景に変わり、若干心細い気持ちになっただけだった。
なぁんだ、何にも起こらないじゃないか。
私は安心したような、ガッカリしたような気持ちで溜息を一つつき、前に向き直った。

その後、無事に仏壇まで提灯を運んだ私たちは、実家の所有する梨畑で鬼ごっこをした。
その最中、私は畑で地面に掘られた1.5メートル、深さ50センチほどの穴を見つけた。中には何やら灰色の砂のようなものが敷き詰められていた。
面白そうだと思い、飛び込んだ。
後で知った事だが、それは梨の木の余計な枝などを切り落として燃やした後の灰を捨てるために掘った穴だった。
灰はまだいくらか焼けていた。
焼けた木くずがいくつか靴の中に入り、足に痛みを感じた私は慌てて穴から飛び出し、靴を脱いだ。
足を火傷した私は、大泣きしているところを親戚のお兄さんに背負われ、病院に運ばれた。
これが、決まりを破った事によるたたりだったのか、子どもの無知と大人の不注意が重なった偶然の事故なのかはわからない。
この時の足の火ぶくれの跡は、大人になった今でも残っている。

カテゴリー: みんなで創る百物語

怖くない 投稿者:坂本ロクタク

怖い話が好きで長年怪談を読みあさってたら、霧が晴れたように恐怖心がなくなった。

私にはホラー好きの仲間がいて、よく五人で集まってホラーについて語り合った。
時には一人20話づつ怪談を持ち寄り皆で百物語をしたが、
ぶっちゃけどれもよくある話だった。

「あれの派生か…」「あれのパクリか…」「あれのオマージュ…」「元ネタあれだな…」
そんなことを言いながら、いつもの四人でホラー談義に花を咲かせた。

たまにラップ音がしたりしたが、霊障だのなんだの言い出したら、
正直なんでも当てはまる。

【行くと呪われる】って噂の心霊スポットにいつもの三人で行ったりもした。

友達はギャーギャーわめいていたが私は「怖い」というより
「もっと怖い思いをしたい」という欲の方が勝っていたため、
心に霧がかかったようにシラけていた。

私は心底、恐怖に飢えていた。

ネットで見つけた【呪いの儀式】ってやつも嫌がる友達を説得し
なんとか二人で実行した。霧深い山奥で行う儀式の最中、友達は
「お前はイカレてる!」なんて最期の間際にわめいていたが、
最終的に、儀式は私一人でやりとげた。

結局、そこまでしても「怖い」という感情は芽生えなかった。

むしろ、今では怖いと言うより正直寂しい……。

霧深い山奥に散乱した私の体を……
早く…誰かに…見つけてほしい………

カテゴリー: みんなで創る百物語

夢の中の男 投稿者:R

先日見た夢の話です。

とあるマンションに警察が大勢押しかけているところから場面がスタートしました。
犯人が住んでいるマンションにガサ入れをするタイミングのようでした。
私はなぜかその突入の場面で、隠れて遠方から犯人を狙う立場という状況でした。

警察や住人たちと共に階段を駆け上がり、犯人が住んでいるであろう部屋がよく見える別棟の踊り場で待機していました。
数分後、警察が突入したのを皮切りに犯人が外に飛び出してきました。
こちらが隠れていることは知らないはずの犯人が、外に出るなり真っ直ぐこちらを見つめ
「油断していたら殺してやるからな」と言いました。

部屋から外に飛び出した犯人は警察を振り切りこちらに走って向かってきます。
(場所がバレてる!どうしよう…どうしよう…)
そう考えているうちに、夢から覚めました。

午前4時。
呼吸はひどく荒く、嫌な汗をかいていました。
(嫌な夢だった…)
そう、嫌な思いをしたとはいえ、あれは夢なのです。
夢だから大丈夫、自分に言い聞かせながら2度寝をし、うなされつつも会社に向かう時間までなんとか眠ることができました。

支度をして会社に向かう道中、もう夢のことはすっかり忘れていました。
ホームに入ってきた満員電車から何やら視線を感じ顔を上げたところ、一人の男性と目が合いました。

夢で見た犯人の顔がそこにありました。

男はまっすぐこちらを見据えています。
目が合っている間、身体が金縛りのように動かなくなり、結局その電車には乗ることができませんでした。

それから数日経ちましたが、あれからあの男には会っておらずあの夢も見ていません。
あの男性は生きた人間だったのでしょうか?
もし生きた人間だったら…私はいつか彼に殺されるのでしょうか。

カテゴリー: みんなで創る百物語

お稲荷さん 投稿者:ぽんぬ

僕は京都出身で幼少期は伏見稲荷や千本鳥居で遊んでいました。

当時は今ほど餌付けにうるさくなかったので神社には鳩がたくさんいてエサをあげたりして遊んでいました。
親戚と遊ぶ時は千本鳥居で鬼ごっこをしたりかくれんぼをしたり。
途中から近所に住む同年代の女の子も混ざって遊んでいました。
女の子がもっと奥まで行こうと誘ってきたので僕や親戚はついていき開けた場所で寝転がったり。

気がついたら寝てしまっていて辺りも暗くなったため、そろそろ帰ろうという話になったのですが、女の子はもっと遊びたいうちに泊まりなよと言うのですが、遅くなると叱られるため帰ると一方的に伝えて帰りました。
遊びなれた場所だったのですが、来た道をいくら歩いても入り口に戻れず親戚も段々と不安な顔になっていました。
1時間くらい歩いても戻れないので女の子のいるであろう場所に戻りました。

かなり歩いたのですが、そこへ戻るまでは数分足らずでした。
親戚がお父さんに迎えに来てもらいたいから女の子の家の電話を貸して欲しいと言って女の子の家に行きました。
僕はその場で待っていたのですが待てど暮らせど戻って来ず。

女の子が進んで行った道に向かったのですが民家らしき建物はなく仕方なく元いた場所に戻りました。
数十分後、親戚がお父さんに電話したからそれまで女の子と遊んで待っていようと言うので早く帰りたかったのですが、また遊びました。
しかしいくら待っても叔父さんは来ないので不安になり泣いてしまいました。

女の子はオロオロとしだして、また遊んでくれるなら帰ってもいいよ?と言うので遊ぶ約束をしてその場をあとにしました。
するとさっきは1時間かけても出れなかったのにほんの数分で入り口につき車で迎えにきてくれた叔父と合流しました。
当然母親には叱られ言い訳や女の子と遊んでいた、道に迷ったと言っても信じてもらえず…
どこで遊んでいたのか聞かれたので話したのですが、そんな場所はないし叔父の所に戻った時間も考えても入り口から数分くらいのところでしょ、と親戚共々叱られました。
狐に化かされたのか女の子はなんだったのかわかりませんが不思議な気持ちと不安な感情、楽しかった記憶として今でも覚えています。

カテゴリー: みんなで創る百物語

夢 投稿者:MOCOTTOY

皆さんは都市伝説の「猿夢」ってごぞんじですか?
夢の中で猿の顔の付いた汽車に乗ると怖い目に合うっていうあのお話です。

つい最近の事ですが、私も見たんです。

緑色のテント屋根のようなのが付いた簡単に作られたようなおもちゃの駅、そこのホームで待っていると「まもなく電車が参ります…この電車に乗ると怖いことが起こります…ご注意ください。」というアナウンスが流れてきて、本当に猿のおもちゃの顔が付いた汽車みたいなのが到着しました。

私はこの「猿夢」の話を知っていたので「あ!この夢知ってる!!猿夢でしょ!!」っと一人で声を出しました。
するとその猿の顔が目だけで私をギロっとにらみつけて「ちッ!!」っと舌打ちをしたところで夢が覚めました。

都市伝説や怖い話を聞いて覚えていたことが夢に出てきたのかもしれませんが…。
起きてからもその夢を覚えていたため、Twitterに書き込もうとしたら何度やってもフリーズしてしまいけっきょく書けなかったので少しぞっとしました。

猿夢は、あながち都市伝説ではないのかもしれませんね。

カテゴリー: みんなで創る百物語

私が呼び寄せたモノ、 投稿者:にゃんこ

これは私が小学4年生の時のお話です。

授業が終わって図書館でクラブ活動をしていた時、ふと私は御手洗に行きたくなって友達に告げて御手洗に行くことにしました。
私の学校は校舎が2つに分かれていて、北校舎と南校舎と名前がついていました。南校舎には、職員室、図書館、給食室、御手洗、教室があり、北校舎には、図工室、理科室、音楽室、御手洗、教室がありました。ただ一つ北校舎と南校舎が違うのは北校舎にしか洋式トイレがないということ。当時の私は、和式が苦手で洋式しか入らずにいました。クラブ活動は曜日で分かれているので、この日は北校舎には誰もいません。私は少し気味悪いなぁと思いつつも、ゆっくりと3階のトイレへと向かいました。
トイレにまつわる七不思議のお話といえば、トイレの花子さんが有名ですよね?
3階の女子トイレの扉を順番に3回ずつノックしていき、3番目の扉を3階ノックして呼びかけると現れるとか……私は怖い話が苦手でそれを思い出してしまい、急いで御手洗を済ませようと洋式がある3番目の女子トイレへと駆け込みました。

“”3階の、3番目のトイレだということを忘れて””

……私が個室に入り、洋式の蓋を開けた時。
とんでもないモノが目に映ったのです。

長く黒い髪がうようよと浮いていて、そう、女の人頭が入っていたのです。

「ヒッ」と思わず声をあげてしまい、どうしようかと戸惑っているとその頭がゆっくりとこちらを向くのです。そして目が合いそうになった時、私は急いで逃げ出しました。追いかけてこないで、お願いします、と一生懸命に図書館へと走りました。南館に渡る廊下を走り南館へ踏み込んだ後、振り向くとそこには何も無く、私はそっと息を吐いて先程の出来事を友達に話しました。
するとみんなは興味津々で、北校舎のトイレへと向かいました。私は恐る恐る友達について行き、中を確認してもらうとそこには何もないと言われ、そんなはずはないと私も確かめました。ですがそこには何もありませんでした。
私が見えたモノは何だったのか、私はわからずにいました。

この日のことを私が大人になった時、色々なモノが見える方に聞くとどうやら、見える人を驚かせようと遊んでいた霊だったそうです。ただ、目があっていたら引きずり込む可能性もあったから逃げて正解だと言われました。
私には霊感があるらしく、本来母親が継ぐはずだったものを私が受け継いでしまったらしいのです。
確かに今思えばおかしな出来事はいくつかありました。友達と怖い話をしていた時に急に金縛りにあって腕がどんどん変な方向に曲がっていくとか、次の日起きると遠くにあったはずの充電器の紐が首に巻きついていたり、とか。
……今は一時のトラウマで見えなくなっているそうですが、もしかしたら大人になるにつれて見えるようになるかもしれない、その言葉に私はずっと怯えています。

…どうか見える日が来ませんように。

カテゴリー: みんなで創る百物語

旅館 投稿者:てぽたま

私の母と祖母が、旅行に行った時のお話です。

とある旅館に入りのんびり過ごしたあと、いざお風呂に入ろうとした時になんだか寒気がしたという母。
背後に誰かがみているような感覚。髪を洗うのもままならないまま風呂場から出て行ったそうです。

「なんだか嫌な予感がしたんだよね。すぐに上がってきちゃった。」と笑いながら話す母。

夜にはあの感覚も消え去っていて、きっと勘違いだったのだろうと思い、2人で食事を済ませ布団に入り一夜が過ぎました。

旅館から出て、新幹線に揺られる中、祖母は母に向かって重たい口を開けました。
「えみちゃん、きっと怖がるだろうから言うのを黙ってたんだけどね。あの部屋、だめだったみたい。あの夜、実は枕元で女の人と子どもが濡れたままじっと立ってたんだよ。きっとお風呂場のも、同じ人達だったんだろうね」

それからその旅館には今後行くのをやめたそうです。

カテゴリー: みんなで創る百物語

恐怖の図書館 投稿者:せぃな

高校生の時の話です。
夏休みを利用して地元に帰省した私は本が読みたくて図書館へ行きました。

本を探してると4、50代くらいでしょうか
一人のおじさんがすれ違ったと思ったら、直ぐ引き返してきて「こんにちは」と声をかけてきました。
『え?何?』と思いましたが「こんにちは」と返しました。

それからそのおじさんは私のそばを離れません。
本を探したいのに気づけば近くにいるので、だんだんと嫌な気持ちになってきました。

数分後おじさんが窓側の椅子に移動したのを確認して私は2階へ。
その際に失敗してしまいました。
階段を登る際、そのおじさんと目が合ってしまったのです。

2階は節電しているのか薄暗く、たった一人サラリーマンの格好をした男性がいるだけでした。
一安心して2階で本を探そうとしたのも束の間、さっきのおじさんまで2階へあがって来たのです。
私の近くまで来たおじさんは「やぁ、また会ったね」と・・・。

「さっき目が合ったから追いかけてきたでしょ!」と言いたかったですが、もう恐怖で言葉がでませんでした。
私に出来たことはサラリーマンの男性のそばから離れないことです。
おじさんが離れた隙をみてダッシュで階段を駆け下り、結局なにも借りずに帰ってきてしまいました。
今思えば図書館の人に言えば良かったです。
当時の私は恐怖心でパニックになってたと思います・・・。

カテゴリー: みんなで創る百物語

実家の寝室 投稿者:小豆

投稿失礼いたします。
これは数年前、私がまだ実家にいたころの話です。

私の実家は狭く、2LDKの一軒家で4人で暮らしていました。
ある日私は体調が悪く、仕事から帰るとすぐに寝室に向かいました。
寝室には布団が3枚敷いてあり、真ん中の布団に横になりました。
毛布を頭まで被り横になってしばらくすると押し入れからガサゴソと物音がしました。
はじめは「妹がお風呂の準備してるのかな」と思いましたが妹はついさっきお風呂に入ったばかりだと思い出しました。
リビングからは母と父の声がします。
じゃあ誰?

と思った瞬間、押し入れからの物音がやみました。
ほっとした瞬間、今度は隣の布団からザッザッザッと大きな足音がしてきました。
普通の足音ではなく、着物を着てすり足で歩いているような足音。しかもとても速いんです。
ずっと布団の上をぐるぐると歩いていました。
怖くて息を潜めているとその足音がいきなりピタッと、私の枕元で止まりました。
頭まで毛布を被っているのでその姿は確認できなかったのですが頭の中に髪の長い女の人が思い切り腰を曲げて私の顔付近に顔を近付けている気配がしました。頭の中にその映像が鮮明に流れ込んできました。
毛布を取って確認したかったのですが頭の中で「いま毛布を剥いだらやばい」と警告がなり気配がなくなるまでじっと耐えてました。
しばらくすると気配が消えたので私は急いで起き上がりリビングへ向かいました。
母と父に確認しましたが誰も寝室には行っていないと言っていて、妹もまだお風呂に入っていました。

もしあのとき毛布を取ったらどうなっていたのか。思い出すだけで怖いです。

カテゴリー: みんなで創る百物語

死者に会えるエレベーター 投稿者:Mari

私が小さいころに住んでいたとある地域には、Nという有名な心霊スポットのビルがあります。

 心霊スポットといっても、廃墟ではありません。何十階とあって、いわゆる高層ビルなのですが、入居者が全然いないんです。
 おそらく、常に全体の半分は空き部屋なのではないでしょうか。
 それなのに、取り壊されないのが謎でした。
 取り壊そうとすると、工事の人や、取り壊しを命じた人に不幸が訪れる、なんていう定番の噂もありましたが……。

 なにせ、噂ではなく、Nでは強盗や自殺、最悪なものでは、殺人事件という、とんでもないことが発生していたんです。
 私はNに、父親が仕事の関係で部屋を借りていたので、何度か足を運んだのですが、なんだか異様な空気というか、いるだけで気持ちが悪くなる、不気味なビル、という印象でした。
 もうNには行きたくないと、毎回思ったことを覚えています。

 そんなNには、こんな噂もありました。人の生き死にに関わる出来事が多いせいからでしょうか。深夜三時に、エレベーターのボタンをでたらめに押すと、自動的に止まり、ドアが開くと、亡くなった中で一番会いたい人がいる、というものです。
 明らかに子どもだましの噂ですが、それに飛び付いた人がいました。父の友人のSさんです。
 Sさんは、幼い娘さんを事故で喪ってしまい、もう、どんな形でもいいから、娘さんと再会したいと強く願っていたのだとか。

 父から聞いた話によると、Sさんは、迷わず深夜の三時にNのエレベーターに乗り、ボタンをでたらめに押したそうです。
 するとなんと、ぐちゃぐちゃの見た目で、誰だかはわからないけれど、かろうじて女の子だとわかる幽霊が出てきたとか。
 娘さんかと思い、狂喜したSさんですが、その幽霊の言葉で、心底がっかりすることとなりました。
「会いたかったよ、ママ!」
 Sさんは、見た目が中性的だからよく誤解されますが、男性です。幽霊とはいえ、娘さんが性別を間違えるわけがありません。
 Sさんが悔しさのあまり涙をこぼすと、自動的にまたエレベーターが動き出し、気が付けばNの外に出ていたんだとか。

 あくまでも父から又聞きで聞いた話なので、盛っているところはあるかもしれません。けれど、小さい私にとっては、とても怖い話でした。
 Nは、いまだに取り壊されずにその場所にあります。

カテゴリー: みんなで創る百物語